Folding@Home貢献後の統計情報

先日のブログで”Folding@Home”にこのサーバーの計算資源の提供を開始したことを報告した。今日は、その前後のサーバーの負荷状況や消費電力の統計情報の変換を報告したい。

消費電力

先ず消費電力であるが、プロフィールでも開示しているが、このサーバの過去の消費電力は、6W弱が平均値である。同じ電力計で確認すると現在は8~9W程度の値を表示している。利用している電力計は電力の直接表示では1Wの単位までしか出力されないため、雑な評価結果であるが約2W程度上昇している。電力計は消費電力量も測定できるため、区間(時間)で割り算することで、平均電力をもう少し正確に算出することができる。この値については後ほど報告したいと思う。約2Wと言うと常夜灯(電球タイプ)程度の消費電力であり、この程度で社会貢献できるのであれば、お安い物である。⇒ 計算し直したところ提供前: 5.93W に対し、提供後: 9.03W (+3.1 W)であった(2020/05/06追加)
改めて思うところだが、このサーバー驚く程、低消費電力である。最近のWiFiルーターなどはこれよりも消費電力大きいのではないだろうか。

負荷状況

次にサーバーの負荷状況である。計算資源を提供しているため当然のことながら負荷は上昇している。Folding@Homeへの資源提供は”Full”の設定(2Core中2Core使用)を行っているが、自身でサーバーにwebアクセスしたり、sshアクセスしたりでは特に応答が遅くなっている感覚はない。以下はサーバーで動作している”Monitorix”の抜粋であるが、計算資源の提供を開始した日を境にKenel Usage と Core Temperature (+15℃) が大きく上昇している。これから徐々に気温の高くなる日が増えてくるので少し心配ではあるが、適宜様子を見ていきたいと思う。一方、ens2 LANのトラフィック量はほとんど変化がないようだ。

load
Load
temp.
temperature
netstats
netstats


コメントは受け付けていません。