SUUNTO t3d 逝く

約3年前の夏に購入したSUUNTO t3d が逝きかけている。ラップボタン(本体右上)の入力を全く受け付けてくれない。基本的にGPS podと一緒に使っているので、ラップは自動で1km毎に取っているので、走っている最中にラップボタンを押すことは無いのだが、トレーニング終了後の時間のリセットが出来ないのである。

週末の土、日と祝日、たまにWeekdayの水曜日に走るといった使い方であった。ログを確認すると、途中のデータロスト期間はあるものの、おおよそ300~400回くらいの記録を取っていたたようである。今月末には富士登山競走も控えているしどうしよう…。

SUNNTO t3D 2010.8 ~ 2013.7 LOG
SUNNTO t3D 2010.8 ~ 2013.7 LOG

t3d はもうしばらくもってくれるものと思って4月にCASIOの電波腕時計を買ったことがここに来て裏目に出ている…。まぁそう言っても始まらないが…。

次の購入候補はずばり「GARMIN foreAthlete 610」である。本当は620が出る間で待ちたかったのだが…。

日本で、手に入るのは日本正規品と並行輸入品(foreRunner)がある。値段、外観は並行輸入品、安心感は日本正規品かなぁ…。時計の表示は日本語で無く、英語の方が何となく格好いいような…。今度は5年くらいは使いたいので、途中一度のバッテリー交換を考えるとサポートのしっかりしている、日本正規品を買っておくのが吉のような気がする。それとも消耗品と覚悟して、また3年くらいの寿命と割り切り、並行輸入品にするのも良いかもしれない。ちなみにAmazonの価格差は下記の通り。もうしばらく悩んでみます。

  

左: 日本正規品, とプレミアムHR,      右: 平行輸入品(プレミアムHR付き)
合計: \39,689               合計: \31,500


コメントは受け付けていません