ホームで鹿島に敗戦

Jリーグ 第30節、ホーム等々力に鹿島を迎えての大一番。フロンターレは現在4位、対しする鹿島は現在2位。鹿島は優勝に向けて首の皮一枚つながっている状態。川崎FもACL出場をかけて負けるわけにはいかない。

結果は1-2で残念ながら敗戦に終わってしまった。両チームともそれぞれの持ち味を出した試合であったが、鹿島の勝負強さ、したたかさの前に敗れてしまった。前半、楠神が右サイドをドリブル突破し、クロスで先制したところは良かったが、前半終了間際にセットプレーから追いつかれたこと。それから、GK相澤と岩政の接触プレーなど不運な事態も連続してしまった。結局、相澤は前半でピッチから退いた。
後半から相澤に変わり、杉山がJリーグ初出場でゴールマウスを守る。小笠原からのクロスが相手FWと杉山、DF伊藤?との間に入る。一瞬杉山の飛び出しが遅れ3者が交錯する形となったが、結局誰もボールに触れること無く、杉山の股間を抜けゴールへ転がり込み、逆転のゴールを奪われしまった。その後も両者、攻守の切り替え早く戦うがそのままタイムアップ。アンラキーな2点目のゴールとなってしまったが、杉山は下を向かないで欲しい。今年のフロンターレは若い選手の台頭があり、今後が楽しみなのも確かである。

川崎は多くのイエローを受け、ケンゴが累積4枚となり次節(多摩川クラシコ、アウェー: FC東京戦)は出場できない。Jリーグのタイトルについては本日の敗戦、名古屋の勝利によって消滅してしまった。とは言え、まだJリーグ終了のホイッスルは鳴っていない、最後まであきらめずに戦い続けろ! フロンターレ!
なお、名古屋は今節もそつなく勝ち、優勝へ向けまた一歩近づいた。一方、湘南と京都が共に敗戦しJ2への降格が決まった。

リンク: ゲーム記録


コメントは受け付けていません。