GARMIN プレミアム HRM 電池交換

GARMIN HRM の3回目の電池交換を行った。たかが電池交換なのだが、一発では認識してくれなくて…、本当にストレスがたまる。一応ホームページにはバッテリーライフは4.5年(1時間/日 使用)なんて書いてあるが、自分の場合はほぼ1年に1回程度の頻度で交換している(使用頻度は3時間/週程度)。使用を始めたばかりの時に、GARMIN謹製のHRベルトでは心拍値の変動が非常に激しかったので、速攻で電池交換をトライしたりしたので、購入してほぼ丸2年の間に、今回で都合3回目の電池交換となった。

これまでの傾向で、プレミアムHRMの電池残量警告は出たことがなくいつも突然リンクしなくなる。ちなみにFoot Podは電池交換の警告が出て、一度交換した記憶がある。そしてプレミアムHRMの電池交換は先にも書いたが、非常~~~~にストレスがたまる! WebページではプレミアムHRMが壊れた…と言う報告を見るが、自分の経験では電池交換に失敗しているだけなのではないかと思っている。今回自分も電池交換に成功するまで半日以上の時間を要した。結局上手く行かせるコツが分からないのが悔しい!

今回自分が成功したのは、電池をハズして2~3H放置後に新規電池を入れたら上手く認識した。一応、これまでの経験上から、正しい電池の向きに挿入した場合に、電極から電池が離れないように一発で交換を決めるのがコツではあると思っている。但し、これを守れば必ず成功する….と言い切れない。つまり3番目の写真で、電池を正しく設置した場合に、電池を押し込むと一度通電されるが、手を離すと電池が浮き上がり、通電が途切れる。こうなると大抵はFR610には認識されない。そこで、写真の様にテープで絶縁、蓋をしめた後にテープを引き抜くことで、通電が途切れることがなくなう様にしてみたが、今回はこの方法では上手く電池交換ができなかった。

だれか、電池交換を一発で決める方法を伝授して…。

 


コメントは受け付けていません。