WebCAL, google calender sync 代替

google calender sync が使用できなくなり、不便だ~!

自分は個人的にも、会社でもOutlook 2010を使用している。古くはメールクライアントとして”Eudra@Mac”や”AL-Mail@Windows”をしていたが、Outlook 2003がリリースされたころからずっとOutlookだ。まわりの人々にはいまいち不人気ですが、スケジュール管理なども出きるので好んで愛用していた。

さて、Outlookとのスケジュールの同期をこれまで google calender sync を利用して google calnender を経由して iPhone や自宅の Outlook と一方通行で同期使用していた。また、逆に自宅のOutlookからプライベートの予定表 → iPhone, 会社, 妻のOutlook 、家族(妻)の予定 → iPhone, 自身のOutlook等に同期して使用していた。ところが’14, 8, 1からgoogle calender syncの同期が停止され不便を感じていた。代替策として有料ソフトの gsyncit ($19.99/License)やgCalendarSync(\945/License)を使用する方法等があちこちで紹介されていますが、前期のことを正規に行おうとすると最低2, 3ライセンスは必要になるので、それなりの金額になってしまう。ノートパソコンもあるのでさらにライセンスが必要…。

と言うわけで、いろいろと調べた結果、WebDavを用いるWebCALで所望のことが実現できることが分かった。既に常時接続のサーバーも運用していることもあるし…。運用を開始してから既に1.5ヶ月ほど経過しているが、ここ最近は安定しています。

文字化け対策を施しても、Outlookではどうしても日本語を含むファイルにアクセスできなかった。そのため、ソフトリンクを張って参照時は英字名でファイルアクセスするようにしました。

参考: http://centossrv.com/webdav.shtml

 


コメントは受け付けていません。