GARMIN ForeRunner 610 寿命…

昨年来、仕事が忙しいことを理由に余り走っていなかったので、利用機会が減ってしまっていたGARMIN ForeRunner 610 (並行輸入品)だが、そろろろあたらいいモデルが欲しい。今年はお盆休みの頃は、比較的涼しい日が続いたため、走る機会が増えている。

で、自分の使っている ForeRunner 610 はバックパネルが初期型の金属製のものと、改良型のプラスチック製のものがあるらしい。自分のものは、初期型金属製のもの。あちこちのブログ等ので報告されているが、初期型の金属製のものは、バックパネルがサビてがさがさになるとの報告がある。自分の 610 も同様にサビてはいたが、それほどがさがさになっていなかったが、このところ一回のランニング距離が、伸びたこともありバックパネルのがさがさから腕にかぶれの症状が出てきてしまった。

こうなってくると、新しいガーミンが欲しい。12月上旬には久々のレース(ハーフ)が控えているし、新しいものが欲しい。そしてどうせ買うなら最新・最高モデルの ForeAtheate 935 が欲しい。6月頃に 46,000位の値が付いており、現在の価格 56,000 は高いなぁ…。きっとボーナス時期を先取りして11月上旬から中旬に安くなるのではないか…。それまでは腕にテーピングでもして 610 を使い続けることとしよう。

 


コメントは受け付けていません