mineoへMNP予定、ってかする

2014年1月から DoCoMo の iPhone 5C を iijmio(正確にはBIC SIM)との組合せで運用してきた。当時は、キャリアメールも必要と考えて、au のガラ携との2台持をしていた。しかし、ついに今月(2016年5月)は解約可能月なので、MVNO に完全移行しようと思う。現在、妻と自分は IIJ を利用、長男は mineo を利用している。IIJ の品質・サービスには全くもって不満はない。この使い勝手で、大手キャリアの 1/3 の料金なら文句の付けようがない。

mineo は契約時に契約者と利用者を別に登録できる。そして、フィルター(web?)の設定ができるので、子供に使わせるにはより安心である。また、パケットシェアが特別な契約をしなくてもできるのが魅力である。そして、2016年3月までの契約は、3ヶ月間800円引きと12ヶ月間+2GBプレゼントであった。残念ながら mineo のキャンペーンは現時点では終了してしまっている。それから mineo の魅力はパケット容量に応じたコース設定(500 MB: 700円 ~ 10 GB: 2520円, IIJは下限が 3 GB)と家族とのパケットシェアなどがある。どうやら家の家族は1人当たり多くて 2GB/月 程度だ。パケットベースの料金では、2×3GB(900円) + 500MB(700円) – 150 = 6.5GB(2350円) になる。IIJ のファミリーシェア プラン(10GB, 2560年)にはおよばないが、それぞれが自由なタイミングでMNP転出可能(自分の契約で音声2契約となる)など、魅力も多い。

一方、IIJ(BIC SIM)は5月8日まで、1年間+1GB増量と3ヶ月間 100秒×100回/月の電話が無料になる「祝! BIC SIMカウンター100店舗突破」キャンペーンを行っている。IIJの品質とこのキャンペーンを目的に「みおふぉん(BIC SIM)」への加入、必要に応じて mineo への再 MNP を考えたが、毎月 1 GB 以上の容量を余らせている現状を考えると、mineo に直接 MNP 転入するのがお得と考えた。また、転入の事務手数料も事前に「mineo エントリーパッケージ 」を購入すると 1000 円で済むi ことも魅力である(BIC SIMは約3000円)。

ちなみに、auとは18年間も付き合ってきたようだ…。15,000円の端末購入権やらなんやら言われたけど、2年使ったら明らかに MVNO がお得。暫くは iPhone 5C を継続して利用する予定である。

 

  ------ Notes ------
  1. Amazon は別途送料 350円が必要、Yodobashi は送料無料、Point 10%還元でよりお得 []

コメントは受け付けていません