• カテゴリー別アーカイブ 川崎フロンターレ
  • 連敗脱出

    Jリーグ26節 アウェー 山形戦

    やっと, ついに, 最後に勝利することができました。長~いトンネルとやっと抜けました。

    フロンターレはミッドウィークにナビスコを戦っているため、試合間隔にハンディがありましたが、逆にそれが良かったのか? 前線での深追いをせず、しっかり守備ブロックを敷いて守りきりました。

    得点は後半8分、11: 小林悠が13: 山瀬からのクロスをボレーで決めてくれました。最終的にアウェーで完封の 1-0 の勝利、久々の勝ち点: 3を手にすることができた。

    戦い方としてはまだまだの気がしますが、今日は勝利したこと。完封できたことが一番の収穫と思います。次節以降も粘り強く戦い、勝利をひとつでも多く積み重ねてほしい。

    リンク:ゲーム記録


  • 週末の山形戦(Jリーグ26節)

    Jリーグ8連敗、昨日行われたナビスコカップを含めると公式戦9連敗中の我が川崎フロンターレ。週末(土)はアウェーで山形と戦う。

    順位的にはフロンターレが12位(勝ち点: 30)、山形は17位(勝ち点: 20)との戦い。8連敗の中には最下位: 18位(勝ち点: 12)の福岡にも敗れている かつ さらに連敗が続き、流れが良くない。

    また、フロンターレはミッドウィークに横浜FMとナビスコカップ2回線を戦っている。一方、山形はナビスコカップはすでに敗退しているためミッドウィークの試合はなかった。

    などなどを考慮すると、下位チームとの戦いとは言え簡単に勝利することは難しいと思われる。

    ここで、負けると一気に15位転落、監督の退任問題などチームとしていろいろと大変なことがおきそう。我が家的にもそろそろ勝利してもらわないと、スカパー契約解除を妻に迫られることになりそう…。


  • フロンターレ どうしちゃった?

    川崎フロンターレ 8連敗….。いったいどうなってしまったんだ?!

    5, 6月は8戦負けなしで快進撃が続いていたのに。

    • けが人が続出したせい?
    • 戦術的に運動量が落ちる夏場には機能しない?
    • 相手チームに研究された?

    などなど、いろいろ理由はあるのだろうけど…。

    見ているほうもちょっとつらくなって来た! 相馬監督そろそろ進退問題に発展か? まさかとは思うが、J2降格がちらついてくる…。

    もちろん監督・選手たちは毎試合勝とうと思って戦っているはずなので、つらいと思います。

    しろーとの僕が見て感じることは、とにかく攻め急ぎすぎているような気がします。中や前線に枚数がそろっていないのに無理にクロスを入れたり、スルーパスを入れたり…。もちろん早く攻めることも必要であるが、あまりにも単調すぎる。そして、簡単位ボールを失う。結果として攻撃、守備陣の上げ下げが多く、体力を失い自滅する…。

    サイドからえぐる。時間をかけてビルドアップする。こういったプレーがあってこそ、速攻が効くのであって、同じ攻め方を繰り返しても…。

    あとはディフェンス、ここも何とかせねば…。


  • Mind-1 ニッポン 復興支援試合

    昨日は、Mind-1 ニッポン 復興支援試合、川崎フロンターレ vs. 横浜FC 戦を等々力競技錠で観戦してきました。復興支援試合で有るため、フロンパーク等のイベントもなくいつもと違った雰囲気でした。

    試合は45分x3を行い、川崎Fが4-2で勝利しました。残念ながらカズのゴールは見れませんでしたが、元気に走り回る姿をしっかり見てきました。

    フロンターレ, 横浜FCの選手, スタッフ, ファンの思いが東北地方に届くことを思ってやみません。頑張れ東北, 福島, 東電!


  • Jリーグあれこれ

    3月末に予定されていた日本代表戦が震災の影響でキャンセルとなった。その後、慈善試合という形でニュージーランドとの試合で調整を行ったが、ニュージーランド代表が辞退する事となった。そして、3月29日は日本代表とJリーグ選抜が戦うこととなった。

    そして、今日Jリーグ選抜のメンバーが発表された。川崎からはケンゴと小宮山が招集された。そして、J2から唯一 FC横浜の三浦カズが招集された。僕は今、彼の著書「やめないよ」を読んでいる。著書にはカズがサッカーを本当に愛し、全力で取り組む気持ちが込められている。40過ぎにして、そのモチベーションの高さに脱帽である。

    彼らが全力でプレーする姿を見て、被災者の方々にももう一度頑張ろうと言う気持ちがわいてくれることを期待したい。僕も微力ながら応援しているし、支援したい。

    Jリーグ再会は4月23日に延期された今、慈善試合がとても楽しみである。


  • ’11 Jリーグ第1節 .vs 山形

    いよいよ 2011 年度のJリーグが本日開幕した。川崎Fは山形をホーム等々力に迎えて初戦を戦う。新監督、新メンバーで迎える初陣は期待と不安が入り交じるなか15:00にキックオフされた。

    開幕メンバーはFW: 矢島, 楠神、MF: 中村, 登里, 稲本, 柴崎、DF: 小宮山, 田中(裕), 井川, 横山、GK: 杉山の布陣でスタート。昨年度の開幕と同一メンバーは稲本と小宮山の二名のみとのこと。大きくメンバーが入れ替わっている。最もケンゴは怪我で離脱していたという事情もあったのだが・・・。とにかく多くのメンバーが入れ替わっていることは間違いない。

    結果は 2-0 で見事に完封勝利をおさめた。やったー!!!!!

    得点は前半に矢島、登里がそれぞれ1点ずつ決めてくれた。欲を言えば後半にもう1、2点加点して一方的な試合にして欲しかった。とは言え守備面で危なげな所はほとんど無く良いゲームであったと思う。

    本日の MVP は開幕戦に向けてしっかり準備した監督・選手全員にあげたい。

    フロンターレの新しいサッカーを高めて、勝ち続けて欲しい。

    リンク: ゲーム記録


  • Jリーグ開幕間近

    2011年のJリーグが開幕間近となってきました。我が川崎Fは相馬監督、そして多くの新メンバーを迎えて新しいシーズンを戦うことなる。

    相馬監督は全員が攻守に連動したサッカーを目指しているようでなかなか楽しみです。雑誌やTV番組などの評価を見ていると、高低色々です。監督の交代、目指すサッカーの変化などを考えるとやむを得ない所は有ると思いますが・・・。

    個人的には、結構期待しています。

    1. 監督はDF出身と有り、守備意識・戦術の強化を期待します。もちろん特長である攻撃力をそぐこと無いようにお願いしたいところです。JFLでは有りますが、町田で指揮をとり、それなりの結果を残した相馬さんのチーム作り・采配にも期待しています。
    2. 的確な戦力補強・若手の台頭に期待。ケンゴが残留を決めてくれたこと。これは大きいです。昨年来の選手達は尊敬するケンゴの為にもタイトルを取るぞ!と言う団結心を高揚する事でしょう。またチーム方針として若手育成に力を入れていることもあり、若い優秀な選手が多くなったと感じています。即戦力となる移籍選手にも期待が持てます。
    3. 監督、チームが目指している戦術共有が進んでおりここにも期待しています。ボールを出したら止まらない・・・はフィジカル的にきついと思うが大丈夫か?ここは未知な部分が多い。

    1, 2 月と休止していたスカパー契約も本日3/1に復活し、視聴できることを確認したので、いつでも開幕レディーです。


  • 影響ないと良いが…。

    1月24日から2月4日までの予定で実施されていました、川崎フロンターレの宮崎キャンプですが、霧島山新燃岳の噴火の影響で1月28日で中止となってしまいました。今年は新しいメンバーがかなり多く加入したので、連携を深めるための大事なキャンプだったと思うのですが、残念です。各選手の調整、連携に影響が無ければ良いのですが…。


  • ジュニーニョ選手と契約合意

    川崎の太陽ことジュニーニョ選手と契約合意した様です。川崎Fの始動日に来日しておらずやきもちしましたが、昨日契約合意がフロンターレホームページに報告されていました。

    一方で高須選手が退団しました。怪我が完治せず、本人の希望で引退とこのとです。わずか一年間の所属でしたが、残念です。きっと、人一倍責任感の強い選手だったのではと思います。

    ヴィトール、レナチーニョとの契約も合意となることを願ってやみません。